2016年4月16日 (土)

村上浩康監督『無名碑 MONUMENT』のこと

 今日は1人の映画監督さんと、その監督の新作を紹介したいと思います。

 村上浩康監督とは第1回WOWOW映画王選手権で知り合いました。お互いに出場者同士で映画のチラシのこととか(今はなき水野書店を教えてもらったのも村上さんにでした)、オンエア中の『ゴッドファーザー』とかで休憩中に盛り上がっていました。
 そんな村上さんから「自分の作品が上映されます」という話を教えていただいたのは、2012年のこと。村上さんは映画監督という肩書きもお持ちだったことに驚きました。作品の題名は『流(ながれ)』、神奈川県の中津川の生態と、生き物の保護と研究に取り組んだ男性2人の姿を、平成13年から10年間にわたり追い続けたドキュメンタリー映画です。この作品は第53回科学技術映像祭文部科学大臣賞を受賞し、第65回映像技術賞・文部科学省特選、そして2012年度キネマ旬報文化映画ベストテン第4位にも選出されています。ポレポレ中野での劇場公開で私も鑑賞をしたのですが、とても興味深い作品でした。それは『流』が優れた<記録映画>だったからです。
 『流』がおもしろいのは、ホビーがカルチャーになる過程を描いているからです。中津川の生態を保護している男性は、ただ単にそれが好きで興味があるからはじめたのだと思います。そこにはフィクションにありがちな何かに突き動かされた使命感は感じられません。ところがそれを続けていくうちに、自分も周囲もどんどん変化していきます。「好き(ホビー)」が、たくさんの人々と「一緒に共有する(カルチャー)」になったのです。
 私は昨今のドキュメンタリーの風潮が好きになれません。何となくパターンが決まっていて、強烈な個性が素材として重宝がられ、その醜悪さをさらけ出し、フィクションとノンフィクションの境目をうろうろするような作風がもてはやされている気がします。だが本来ドキュメンタリーは作り手が人々に伝えるべきだと感じるものを撮るべきではないでしょうか。つまり派手さはなくても映像作家がその一側面を切り取り、その見方を観客に提示するだけでも、その切り取り方と見方が優れていれば作品はおもしろいものになると思うのです。だから『流』は優れた<記録映画>だし、優れた<記録映画>と呼ばれている作品はドキュメンタリーの作品群の中でもっと評価されるべきだと思います。
 そんな村上さんがTwitterで「盛岡たかまつ手づくり映画祭」で上映するために撮影している話をされていました。その作品がこの新作『無名碑』です。

 この映画は岩手県盛岡市にある「高松の池」を舞台にした映画祭で上映するために製作されたドキュメンタリー映画です。
 市民の憩いの場で桜の名所でもある「高松の池」を舞台に、ここを訪れる様々な人々にインタビューをしながら、池にまつわる歴史や生き物たちの姿、さらに戦争の記憶や環境問題などを描きます。(公式サイトより)

 ねっ? ちょっと興味が湧きませんか? 
 あっ、一応但し書きをしておきますが、大ヒットするタイプの作品ではないです(汗)。きっとここには派手な映像エフェクトとか、盛り上がる劇伴とか、激しい台詞の応酬とかはないはずです。ひょっとすると疲れている時は眠くなるよう可能性もあるかもしれません(大汗)。でもでも。『流』を作った監督らしい切り口と視点をまたみられるかと思うので、私は楽しみにしているのです。素直に「へぇ」という気持ちと共に、自分の心を豊かにしてもらったと鑑賞後に思える作品となっているのではないでしょうか。
 なにより。何でもそうなんですが、特にこういう予算的に小さな作品は表現ににじみでるのは「人柄」なのです。こういうことに興味をもつ監督さんですから、それは多分観客の皆さんも感じられるでしょう(笑)

 今日から地元盛岡で上映開始です。お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

訃報:ピーター・イエーツ

 たまたま知り合いから「訃報はニュースであるから、書かなくていいんじゃない?」と言われました。
 いいえ! ニュースは寂しすぎて、いずれ消滅。Wikiはいい加減。せめて複数のソースを検証して、ちゃんとしたプロフィールを整理しておくのが、自分の敬愛する映画人へのファンとしてとるべき行動かと。ご理解ください。
 映画監督ピーター・イエーツ氏が2011年1月9日、イギリスのロンドンにて死去していたことを代理人が10日発表しました。享年81歳。葬儀には近親者のみが参列し、その後お別れの会を行う予定だそうです。
 イギリスのハンプシャー州オールダショットに生まれたイエーツ監督は、もともとロンドンの英国王立演劇学校で俳優を目指し卒業後、俳優や演出家として舞台で活躍していた。レーシングカーのドライバーを務めていたこともあったという。やがて編集マンとして映画界のキャリアをスタート。トニー・リチャードソンの『蜜の味』やJ・リー・トンプソン監督の『ナバロンの要塞』などの助監督、テレビ番組の演出などを経て、1963年に『太陽と遊ぼう!』で監督としてデビュー。1967年に監督した『大列車強盗団』では、そのアクション演出が評価され、ハリウッドに招かれます。そしてサンフランシスコを舞台に壮絶なカーチェイスを繰り広げる映画『ブリット』を演出しました。その後青春映画の傑作『ヤング・ゼネレーション』(1979)ではアカデミー賞最優秀監督賞にノミネート。1983年にも『ドレッサー』(1984)で同賞にノミネートされました。他にも『マーフィの戦い』(1971)、『ホット・ロック』(1971)、『目撃者』(1981)、『哀愁のエレーニ』(1985)、『容疑者』(1987)などがあります。劇場用作品の遺作はジェームズ・スペイダー、マイケル・ケイン、サム・シェパードらが共演した『ニューヨークの亡霊』(1999)になりました。
 正直1980年代半ばからはあまり評価されない作品が並びますが、70年代から80年代前半はよい作品をたくさん送りだしました。中でも私にとっては『ドレッサー』をみた時の感激を生涯忘れ得ません。
 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

2010年度キネマ旬報ベストテン

 いよいよ賞シーズン本格化。アメリカの賞レースのチェックをすっかり忘れてます。さてまずは2010年度第84回キネマ旬報ベストテンの結果。

【日本映画】
1『悪人』
2『告白』
3『ヘヴンズ ストーリー』
4『十三人の刺客』
5『川の底からこんにちは』
6『キャタピラー』
7『必死剣鳥刺し』
8『ヒーローショー』
9『海炭市叙景』
10『ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う』

【外国映画】
1『息もできない』
2『インビクタス/負けざる者たち』
3『第9地区』
4『白いリボン』
5『ハート・ロッカー』
6『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』
7『クレイジー・ハート』
8『冬の小鳥』
9『スプリング・フィーバー』
10『インセプション』

【個人賞】
監督賞:李相日『悪人』
脚本賞:吉田修一、李相日『悪人』
主演女優賞:寺島しのぶ『キャタピラー』
主演男優賞:豊川悦司『必死剣鳥刺し』『今度は愛妻家』
助演女優賞:安藤サクラ『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『トルソ』ほか
助演男優賞:柄本明『悪人』『桜田門外ノ変』ほか
新人女優賞:桜庭ななみ『最後の忠臣蔵』『書道ガールズ わたしたちの甲子園』
新人男優賞:生田斗真『人間失格』『ハナミズキ』ほか
外国映画監督賞:ヤン・イクチュン『息もできない』

 ここ数年の特徴ですが、相変わらず一本筋の通らぬ結果ですねえ。

過去の結果
2009 2008 2007 2006 2005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

訃報:ピート・ポスルスウェイト

 イギリスの俳優、ピート・ポスルスウェイトさんが1/2に英シュロップシャー州の病院で死去したことが明らかになりました。享年64歳。直接の死因は明らかにされていませんが、長年ガンを患っていたそうです。
 1946年2月7日イングランドのチェシャー州ワリントン出身。修道会系女学校で教師をしていましたが、俳優になるという夢を捨てきれず、リヴァプールのエヴリマン・シアター、マンチェスター・ロイヤル・エクスチェンジを経て、70年代には名門ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに入団し、数々の舞台を経験しました。
 1977年にリドリー・スコット監督の「デュエリスト/決闘者」の端役で長編映画デビュー。「遠い声、静かな暮し」(89)で注目を浴び、その後、「ハムレット」(91)、『エイリアン3』(1992)と、話題作ながら脇役が続きます。そして1993年に『父の祈りを』で、IRAの爆弾テロリストとして息子とともに投獄され、無実を明かすために長い闘いを続ける父親を熱演。アカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。2003年には大英勲章OBEを授与されています。他にも『ユージュアル・サスペクツ』(1995)、『ロミオ+ジュリエット』(1996)、『ブラス!』(1996)、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997)、『ナイロビの蜂』(2006)、『インセプション』(2010)など、数々の作品に出演しました。日本ではこの後にベン・アフレック監督作『ザ・タウン』が公開されますが、遺作は全米で4月に公開される"Killing Bono"になるそうです。
 印象に残るジャガイモ顔というか、親父!と呼びたい役が似合う俳優さんでした。コミカル、シリアスなんでもござれで、やはり『ユージュアル・サスペクツ』のコバヤシや、『ロスト・ワールド』のハンターが印象深いですが、個人的には『ドラゴンハート』(1996)での弓矢が得意な僧の役も彼ならではの味でした。
 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

訃報:北林谷栄

 女優の北林谷栄さんが、4/27に肺炎のため亡くなりました。享年98才。
 1911年東京都銀座生まれ。1931年に創作座の研究生となり、1936年には新協劇団へ。築地小劇場の『どん底』で初舞台を踏みます。1947年、宇野重吉や滝沢修らと民衆芸術劇場を設立。1950年には劇団民藝創立に加わりました。若い頃から老女を演じることが多かったのですが、きっかけとなったのは1942年。30歳のときの舞台「左義長まつり」で、むさ苦しい衣装を着たり、前歯を取ったり、はいつくばって歩くなどの役作りをしたことだったそうです。
 映画にも代表作が多く、1956年と1985年に製作された市川崑監督『ビルマの竪琴』では、両作品とも物売りの老婆役で出演。同じ役どころで出演したのは珍しケースで話題になりました。また『となりのトトロ』のおばあちゃん役では声優にも挑戦しています。映画での遺作は『黄泉がえり』(2003)。
 私が強く印象に残っているのは前記の『ビルマの竪琴』もそうですが後年の代表作となった岡本喜八監督の『大誘拐』(1990)。これで数々の映画賞を受賞しますが、びっくりしたのが現在はかなり知名度が上がってきた東京スポーツ映画賞でのできごと。この賞はビートたけしが東スポ紙上の企画としてスタートしていて、最初の内はほんのネタのひとつでしかないレベルだった。で、あろうことかたけしは北林さんに「新人賞」をあげたのです。まあ、これだけでもジョークなわけです。で、授賞式も今みたいな形ではなく、当時オンエア中だった「北野ファンクラブ」での収録をかねてでしたが、なんとそこに北林さんが参加。放送をみて私も大笑いしながら、北林さんの懐の深さと凛とした姿勢が、作品と共に強く印象に残りました。
 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

『アバター』全米興行成績史上トップに!

 とうとう『アバター』の全米での興行収入が6億0114万ドルに達したそうです。これで北米興行歴代トップに出たわけです。日本も来週末頃に100億円を越える見込みとか。さすがに私の見立てである120億円は低く見積もりすぎたか(汗)。でも150億円が壁だとおもうのですがいかがでしょうか。『タイタニック』がすごいのはオスカーをはさんで、そこまでで130億円、それ以降にほぼ同額を稼ぎ出したところにあります。『アバター』にそこまでの持続力があるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

映画秘宝2009年度ベストテン&ワーストテン

「映画秘宝」の2009年度ベストテン&ワーストテン。(というかネットでトピックとしてとりあげられはじめたぞ! すごいなぁ)

ベスト
1.イングロリアス・バスターズ
2.グラン・トリノ
3.母なる証明
4.レスラー
5.愛のむきだし
6.ウォッチメン
7.チェイサー
8.第9地区
9.チョコレート・ファイター
10.スペル

ワースト
1.DRAGONBALL REVOLUTION
2.ターミネーター4
3.2012
4.宇宙戦艦ヤマト・復活篇
5.しんぼる
6.カムイ外伝
6.13日の金曜日
8.HACHI 約束の犬
9.スノープリンス 禁じられた恋のメロディ
10.20世紀少年シリーズ

なんか「映画秘宝」がまっとうな雑誌におもえてならない今日この頃。このベストテンみても上位5本だけならフツーのベスト。それがよいか悪いかは別問題ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

映画芸術2009年日本映画ベストテン&ワーストテン

恒例「映画芸術」誌の2009年度日本映画ベストテン&ワーストテン。毎回笑わせていただきます。相変わらず嫌われている是枝監督なわけですが、いわゆる異業種監督はとことん毛嫌いするのも、らしいといえばらしいですね。

ベストテン
1:愛のむきだし(園 子温監督)
2:ウルトラミラクルラブストーリー(横浜聡子監督)
3:ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ(根岸吉太郎監督)
4:あんにょん由美香(松江哲明監督)
5:私は猫ストーカー(鈴木卓爾監督)
6:SR サイタマノラッパー(入江 悠監督)
6:ドキュメンタリー頭脳警察(瀬々敬久監督)
8:大阪ハムレット(光石富士朗監督)
8:余命1ヶ月の花嫁(廣木隆一監督)
10:のんちゃんのり弁(緒方 明監督)

ワーストテン
1:空気人形(是枝裕和監督)
2:蟹工船(SABU監督)
3:ROOKIES―卒業―(平川雄一朗監督)
4:しんぼる(松本人志監督)
5:MW―ムウ―(岩本仁志監督)
6:笑う警官(角川春樹監督)
7:ハルフウェイ(北川悦吏子監督)
8:さまよう刃(益子昌一監督)
9:カムイ外伝(崔 洋一監督)
10:ガマの油(役所広司監督)
10:ゼロの焦点(犬童一心監督)
10:ディア・ドクター(西川美和監督)

過去の結果
2009年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

第64回毎日映画コンクール

第64回毎日映画コンクールの結果。今年から授賞式がミューザ川崎でやるんですよね。地元市民としては感慨深いものがあります。

<作品部門>
日本映画大賞『沈まぬ太陽』(若松節朗監督作品)
日本映画優秀賞『劔岳 点の記』(木村大作監督作品)
外国映画ベストワン賞『グラン・トリノ』(クリント・イーストウッド監督作品)
男優主演賞:松山 ケンイチ『ウルトラミラクルラブストーリー』
女優主演賞:小西 真奈美『のんちゃんのり弁』
男優助演賞:岸部 一徳『大阪ハムレット』
女優助演賞:八千草 薫『ディア・ドクター』
スポニチグランプリ新人賞:西島 隆弘『愛のむきだし』
スポニチグランプリ新人賞:満島 ひかり『愛のむきだし』
田中絹代賞:高橋 惠子
監督賞:園 子温『愛のむきだし』
脚本賞:田中 陽造『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』
撮影賞:木村 大作『劔岳 点の記』
美術賞:種田 陽平/矢内 京子『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』
音楽賞:蓮実 重臣『私は猫ストーカー』
録音賞:石寺 健一『劔岳 点の記』
技術賞:該当なし
アニメーション映画賞『サマーウォーズ』(細田守監督作品)
大藤信郎賞『電信柱エレミの恋』(中田秀人監督作品、立体アニメ表現の完成度に対して)
ドキュメンタリー映画賞 『あんにょん由美香』(松江哲明監督作品)
<TSUTAYA映画ファン賞>
日本映画部門『ROOKIES -卒業-』(平川雄一朗監督作品)
外国映画部門『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』(ケニー・オルテガ監督作品)
<特別賞>
特別賞:故・森繁 久彌(俳優)
特別賞:故・水の江 瀧子(女優・映画プロデューサー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

『アバター』が(とりあえず)興収記録達成。

 ついに『アバター』が全世界歴代興行収入記録を抜いたというリリースがFOXから出ていました。しかーし。まあ、とりあえず落ち着いていきましょう。まず北米興収はまだ記録更新はされていません。そう、まだです。現在のところは『ダークナイト』を抜いて歴代2位。まあキャメロン監督作品で1位、2位独占というだけでも充分すごいですが。今のアベレージでいくとあと3週間ぐらいで『タイタニック』の持つ6億ドルを抜き去ることは可能でしょう。つぎに日本市場ですが、これは難しいでしょう。まず現在のところ興収50億円は越えたそうですが、『千と千尋の神隠し』が持っている300億円にはまだまだ手が届きそうにありません。おそらく洋画トップの『タイタニック』(260億)も難しいと思います。最大のポイントはどこまでロングランができて、パイがひろがり、リピーターがあらわれるかなのですが、前者については多分GWまでが限界かと思いますし、後者2つについてはそれほどいないというのが実情です。『タイタニック』にはディカプリオがいて、ラブロマンスがあって、泣けるという女性観客を呼び込む要素がありました。私の見立てでは興収120億円というのがラインだと思います。ひょっとすると『アバター』が成功はするけれど歴史的な興行にならないという結果に日本はなるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧