« パナソニックのダビング書き戻し機能 | トップページ | 『2012』 »

2011年1月 4日 (火)

パナソニックDMR-BWT2100

Bwt2100  というわけで購入したのはパナソニックのDMR-BWT2100です。あ、別に3D機能が欲しかったわけではないのですが、こちらの方が実売で安かったことと、3D映像のBDソフトを3枚もキャンペーンでくれるというではないですか。というわけでさっそく使っています。年末年始も大活躍してくれました。使用期間、約1ヶ月でのインプレッション。

・画質はパナソニックらしい感じを踏襲。圧縮技術はお見事で、画質についてはもはやDRモードの優位性をどこに見いだしてよいのかというぐらい。
・筐体がさらに小さくなった。ここまでくると驚くしかない。動作音はさらに静か。
・面構えは相変わらず安っぽい。3Dのロゴを前面にするとはなあ。
・1TBは本当に素晴らしい!
・メニューのインターフェースは一長一短。シームレスになってよくなったところはあるが、録画モードを変換したときの予想残量や、ダビング時の容量計算などは相変わらずわかりにくい。
・リモコンは小さくなったが反応はやや遅く相変わらず使いにくい。

全体としては大満足です。あっ、これでアンプとレコーダーが3D対応機になってしまった! 次はプロジェクターか(爆)

|

« パナソニックのダビング書き戻し機能 | トップページ | 『2012』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81301/50490275

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックDMR-BWT2100:

» DIGA DMR-BWT2100で遊ぶ。 [飛び出す!超立体管球映画館]
新ブルーレイディスクレコーダーのBWT2100には、いったんディスクにムーヴした作品を、もう一度レコーダー内のハードディスクに書き戻せるという、なかなか便利な機能が搭載されています。というわけで、ウチ...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 9日 (日) 01:12

« パナソニックのダビング書き戻し機能 | トップページ | 『2012』 »