« TOHOシネマズららぽーと横浜(9)&(12) | トップページ | 「メイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カット」 »

2008年1月 5日 (土)

米ワーナー、ブルーレイに一本化

 米ワーナーがブルーレイ支持を発表しました。このニュースにはいろいろな意味で驚きました。まずはこれが日本でもここまで大々的に報道されることになったこと。まあ年明けであまりニュースがなかったからかもしれませんが。それともうひとつはワーナーがCES直前にこのリリースを発表したことです。事実CESを前にHD-DVD陣営はかなり動揺している様子が漏れ伝わってきています。おそらくワーナーですから日本も追随する形になるでしょう。
 ご存じの方も多いようにメジャー6社でかなりはやい段階からワーナーはHD-DVDを支持していました。そして現在両方のフォーマットでリリースしている唯一のメジャーでもありました。それがブルーレイを選択した。これはかなり消費者への印象度という意味で大きなニュースになりそうです。
 ただ、いまだに次世代DVDへの興味は一般的ではなく、フォーマット戦争が「終わり」と結論づけるのははやいような気がします。ひょっとしてブルーレイも消えて、まったく別のメディアが登場する可能性もあるからです。わが家もプレイヤーはブルーレイですがレコーダーまで触手を伸ばしていないのは、やはりまだ決定打はないと思っているからです。というのももしDVDにHD記録できる規格が一般化してきたらという思いがあるからです。まだまだ予断は許さない展開になりそうですが、さて・・・。

|

« TOHOシネマズららぽーと横浜(9)&(12) | トップページ | 「メイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カット」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81301/17600659

この記事へのトラックバック一覧です: 米ワーナー、ブルーレイに一本化:

« TOHOシネマズららぽーと横浜(9)&(12) | トップページ | 「メイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カット」 »